recognize

*

首都高新料金の改正はいつから?値段と渋滞の変化はどうなる?

   

Sponsored Link

国土交通省は、首都高速道路の料金体系を変更しました。

首都高速道路の交通費の値段は、距離ごとに料金が違う形になっています。

 

近年、首都高速道路では毎日のように渋滞が発生。

この対策として、今回の料金体系の改正があるのです。

 

今回は、首都高の料金体系の変化と圏央道の料金の変化について、わかりやすく解説します!

 

 

首都高の料金の変化はどうなる?新料金体系はいつから?

 

先にいつから開始か?についてですが、2016年4月からを予定しているようですね!

まだ審議中なので、少しは変わるかもしれませんが、おそらくこのままでいくと見ていいでしょう!

 

さて、次に中身です。

まず、首都高の料金体系の変化から見ていきましょう。

(5キロ)510円→320円

(10キロ)610円→480円

(24キロ)930円→930円

(36キロ)930円→1300円

 

どこがどう変わったかわかりますよね?

 

まず、短い距離の料金が変わっています。

だいぶ割安になったと思います。

 

しかし、36キロ以上だと料金が上がっています。

これが今回の首都高の料金改正の内容ですね。

 

しかし、なぜこのような料金の変化になったのでしょうか?

それは、圏央道の料金変化から国土交通省の意図が見えてきます。

 

圏央道では、1キロあたり40円と、他の高速道路よりも少し割高でした。

そのため、圏央道よりも安く乗れる首都高に車が集中してしまい、渋滞を招いていました。

 

首都圏に住んでいる人や、よく仕事で首都圏に来る人はわかると思いますが、首都高と圏央道で結構な値段の違いが現れるんですよね。

 

区間によっては500円以上違うこともあります。

そうなると、圏央道を使いたくありませんよね。

 

そこで、圏央道の値段を引き下げ、首都高と圏央道の長距離で乗る場合の料金を統一し、首都高と圏央道のいわば「共存」を図ろうというわけですね!

 

 

となると、どう利用するのがいいのか?

短距離の場合は首都高を優先的に使い、長距離の場合はどちらも使えるようになります。

 

こうなると、いままでは

「圏央道の方が近いけど、ちょっと遠回りして首都高乗ろっと」なんてことは無くなりますね!

 

料金を変えることによって、より便利になったわけですね!

 

施行は2016年4月ということで、まだ先の話ですが、より便利に、安く移動できるように今のうちから知識をつけておきましょう!

 

 - 未分類