recognize

*

MERSはマスクで防げる?病気の前兆や対策と感染源を検証!

   

Sponsored Link

 

最近話題に上がっている感染症をご存知でしょうか?

 

それは中東呼吸器症候群(MERS)のという感染症です。

 

今回、中東の国々から帰国した韓国人がMERSに感染してしまったということで、日本への影響も示唆されていますね。

 

また、韓国人男性の感染者の隔離が正しく行われなかったため、3次感染者も出してしまったようです。

 

この病気は肺炎のような症状を急に起こし、高い確率で死に至ってしまうというおそろしい病気です。

 

私たちはこの病気を正しく理解する必要があるようです。もし日本に感染したら?そういう状況を予想し、対策を考えておきましょう!

 

 

MERSってどんな病気?感染経路やマスクは使えるの?

前文で「正しく理解する必要がある」とは言いましたが、この病気自体がまだまだ不明な点が多いようです。

 

まず、この病気の前兆や症状についてですが、感染すると潜伏期間が9日から12日あるようです。

すぐ発症はせず、ある程度は潜伏期間があるようですね。

 

そして、具体的な症状についてですが、まず激しい咳や息切れ、呼吸困難などの呼吸器系の症状や、下痢や嘔吐などの障害などがあり、危険性の高いものとなっています。

 

前兆はあるのか?見抜くことはできないのか?と思う方もいるかもしれません。

 

まず、この病気は中東の国で3年ほど前から流行りだした感染症です。よって、中東諸国から最近帰国した方などが危険になるわけですが、政府は必ず空港で厳重な対策措置を行うでしょう。

 

また、身近な韓国で感染が拡大した場合はかなりの注意が必要になってきます。

現在3次感染者を出してしまったようですが、病棟はしっかりと隔離されています。

 

根絶も可能でしょうから、注意してみておきたいですね!

 

また、日本で感染が起こった場合、感染を防ぐ方法はあるのでしょうか?

 

実際、感染方法は明らかになっていません。つまり、個人でどのような対策をすれば良いかわからなくなっている状態です。

 

韓国では、マスクをつける人が多くなっているようですが、厚生労働省のホームページには、人から人への感染は低いと書いてありましたが、具体的な対策が発表されるまでは、個人でできることをしたいですね!

 

 

また、治療方法では、有効なワクチンなどが開発されていません。今後研究が進んでいけば、おそらくワクチンも開発されてくるのではないでしょうか?

 

MERSに対する知識をしっかり収集し、今後の動向をみておきたいですね!

 

 

 - 未分類