recognize

*

内田篤人の右膝手術で今の状態は?復帰や来シーズンの影響も検証する!

   

Sponsored Link

シャルケ内田篤人が長い間苦しめられていた右膝の怪我について、シャルケはフェイスブックで手術をしたと公表しました。

 

内田篤人といえば、日本の右サイドバックで攻守にわたりチームに貢献し、引っ張ってきました。

また、名門クラブシャルケでもレギュラーを勝ち取り、チームでの存在感を示していました。

 

そんな内田も怪我で前回のシーズンを棒に振ってしまいましたね。

 

右膝の状態は?復帰はいつ?

前回のシーズンは完全に怪我との戦いでした。13/14年シーズンの後半に右太もも裏を怪我、その後怪我は右膝の腱の断裂につながり、シーズン後半は試合に出れませんでした。

e0041047_05401180
 

そして14/15シーズンも思うように怪我で結果が出ず、今回の手術に踏み切ったのでしょう。

シャルケの医師は保存療法を内田に勧めるが、内田は手術を選択しました。

 

この心情には、やはり、焦りがあったのでしょう。

早く怪我を治して、しっかりとプレーや調整がしたい。

そういう気持ちが手術を決断させたのでしょう。

 

シャルケの医師は、「医師の選択は内田が決めるもの」として介入はしませんでしたが、

本当は保存療法のほうが今後のためにいいのでは?という疑問も残ってしまいます。

 

13/14シーズンの怪我後次のシーズンではチームが思い通りにいかず、内田も早めの復帰をしました。

その結果、怪我の再発があり、またも戦線を外れることになります。

変えのきかない選手だからこそ、強行出場もしなければならない時もあります。
hqdefault
 

しかし、今後のキャリアを考えた上では、手術の選択は間違いなのかもしれません。

真相は今後の内田の膝の状態にかかっています。

 

今回手術は日本でうけました。

 

術後のリハビリを6週間日本ですることになります。

 

しっかり調整をすればギリギリ来シーズンのスタートからいけるかな?という感じでしょうか。

 

安静にしてなくてはだめ、といってもやりたくなるのがサッカー選手の気持ちです。

焦りや不安と戦いながら、今後の調整をすることになります。

 

また、日本代表にとっても内田は必要な選手です。

これから、W杯予選も本格的に始まってきますし、内田の重要性は痛いほどわかります。

しかし、今回の手術などから、しっかりと見極めた上で試合に出場するようにしてほしいです。

 

内田の怪我が早く治って、また第一線で活躍してくれることを望みます!
uchida_happy_birthday

 - 未分類